上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

いずれ書くことにはなるんだろうと思っていて、
それでいて先延ばしにしていたけど、今日がその日となりました。


【野茂投手が現役引退決意 米進出の先駆者、力衰え】
(Major.jp:共同通信社)

ヒジの手術以来2年間メジャー登板がなく、
今年はロイヤルズでメジャー復帰も、3試合で防御率18.69と精彩を欠き解雇。

速球が生命線だった野茂が140キロもままならないという状況では
もう厳しいかなと思っていましたが、やはり現役引退ということになったようです。



野茂はメジャーで12年(95年?05年、08年)プレーしたわけですが、
やはり一番印象に残る活躍をしたのは
第1次のドジャース時代(95年?98年途中)ではないでしょうか。
オールスター出場もあったし、コロラドでのノーヒッターもありましたし。


95年といえば、僕は大学進学で初めて故郷を離れた年。
そして、95年?98年といえば
大学やバイト先で、楽しい仲間たちとあーだこーだ言いながらやっていた時期。

なので、「野茂」という言葉を聞くと
当時のいろいろな記憶もフラッシュバックしてくるようで、
一種のノスタルジーを感じさせます。



当時は、BSでの生中継というと、野茂の登板日くらいのものでした。
(吉井の登板日もあったけど、野茂のときはほぼ毎回中継でした)

あの、西日が入ると40度にもなる暑い部屋で、

 際どいコースで四球を出すと「あれがボールか」と憤慨し、
 球数が増えると「今日は7回投げきれないで交代か」と心配し、
 ピアッツァが外寄りに構えると「また外角一辺倒か」と首を傾げ、
 ビル・ラッセルが出てくると「まだ代えるな」と心中祈り、

そうやって、一球一球、集中して見たものです。



あれから10年が経ち、日本人メジャー選手も本当に多くなりました。
テレビ中継も毎日のようにしています。

そして、僕も学生から社会人へと立場が変わり、
メジャーリーグへの付き合い方も、以前とは性質が変わってきました。


どちらが良い、どちらが悪いということではありません。

ただ、あの頃野茂の試合を見ていたときのような、
そういう観戦の仕方は、もうできないのだろうと思います。



当時の僕も、きっと「ノモ・マニア」の一人だったのでしょう。



スポンサーサイト

2008.07.29 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerbs.blog8.fc2.com/tb.php/999-06a5b8c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。