上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

毎年この日は、外に行く仕事をなるべく入れないようにしています。

 そう、大リーグのオールスター!!


アメリカンリーグが10連勝(引き分け挟む)で迎えた今年の球宴。
1点を争う好ゲームのまま試合が進んでいきます。

7回にドリューの2ランでア・リーグが追いつけば、
8回にはナ・リーグがゴンザレスの犠飛で勝ち越し。

これでナが逃げ切るかと思いきや、
その裏にアはロンゴリアのタイムリーで同点に追いつき、そのまま延長へ。


延長に入ってもなかなか終わりません、終わらせません。

<10回表:ナ・リーグ>
 1死1、3塁も、アグラが二ゴロ併殺

<10回裏:ア・リーグ>
 無死満塁の大チャンスも、三者連続内野ゴロ

<11回裏:ア・リーグ>
 1死1、2塁でヤングの中前打で二走ナバーロが本塁を突くも、
 マクラウスの好返球でタッチアウト。
 続く2死2、3塁では、クエンティンが三ゴロ

<12回表:ナ・リーグ>
 1死満塁も、アグラ、ゴンザレスが連続三振

<12回裏:ア・リーグ>
 1死3塁も、ロンゴリア、キンスラー凡退

<13回裏:ア・リーグ>
 2死2塁も、クエンティン三振


最初のうちは「いい試合だな?」とのんびり構えていましたが、
午後に出かける準備もしなければいけなかったので、
さすがに13時を大きく越えたあたりから焦ってきた私。

「どっちが勝ってもいいから早く終わってくれ!」という心境になってきました。( ̄ー ̄;


そんな心はどこ吹く風、ヤンキースタジアムには
「14th inning stretch」が流れてきました。(笑)


結局、両軍ともに出場可能な選手を使い切った挙句、
延長15回、マイケル・ヤングの犠牲フライでア・リーグがサヨナラ勝ち。

現地時間では夜の1時も過ぎ、球場も、放送ブースも、そして僕も、
「やっと終わった…」という感じに包まれました。。。。


ところで、今年の試合前セレモニーでは
殿堂入り選手が勢ぞろいしていて、なかなか感動的でした。

まだ若いトニー・グウィンがかなり太っていたのには驚きましたが。(笑)



スポンサーサイト

2008.07.16 | MLB | トラックバック(0) | コメント(2) |

さよならの犠牲フライはマイケル・ヤングでなかったっけ?

2008.07.17 21:35 URL | なんぼかれーんずや #- [ 編集 ]


◆なんぼかれーんずや君◆

あ、そうだそうだ( ̄ー ̄;
ドリューはその前の四球だったね。

記事訂正しておきま~す。

2008.07.17 21:43 URL | ライス部長 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerbs.blog8.fc2.com/tb.php/987-94ffd92b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。