上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

いずれ書くことにはなるんだろうと思っていて、
それでいて先延ばしにしていたけど、今日がその日となりました。


【野茂投手が現役引退決意 米進出の先駆者、力衰え】
(Major.jp:共同通信社)

ヒジの手術以来2年間メジャー登板がなく、
今年はロイヤルズでメジャー復帰も、3試合で防御率18.69と精彩を欠き解雇。

速球が生命線だった野茂が140キロもままならないという状況では
もう厳しいかなと思っていましたが、やはり現役引退ということになったようです。



野茂はメジャーで12年(95年?05年、08年)プレーしたわけですが、
やはり一番印象に残る活躍をしたのは
第1次のドジャース時代(95年?98年途中)ではないでしょうか。
オールスター出場もあったし、コロラドでのノーヒッターもありましたし。


95年といえば、僕は大学進学で初めて故郷を離れた年。
そして、95年?98年といえば
大学やバイト先で、楽しい仲間たちとあーだこーだ言いながらやっていた時期。

なので、「野茂」という言葉を聞くと
当時のいろいろな記憶もフラッシュバックしてくるようで、
一種のノスタルジーを感じさせます。



当時は、BSでの生中継というと、野茂の登板日くらいのものでした。
(吉井の登板日もあったけど、野茂のときはほぼ毎回中継でした)

あの、西日が入ると40度にもなる暑い部屋で、

 際どいコースで四球を出すと「あれがボールか」と憤慨し、
 球数が増えると「今日は7回投げきれないで交代か」と心配し、
 ピアッツァが外寄りに構えると「また外角一辺倒か」と首を傾げ、
 ビル・ラッセルが出てくると「まだ代えるな」と心中祈り、

そうやって、一球一球、集中して見たものです。



あれから10年が経ち、日本人メジャー選手も本当に多くなりました。
テレビ中継も毎日のようにしています。

そして、僕も学生から社会人へと立場が変わり、
メジャーリーグへの付き合い方も、以前とは性質が変わってきました。


どちらが良い、どちらが悪いということではありません。

ただ、あの頃野茂の試合を見ていたときのような、
そういう観戦の仕方は、もうできないのだろうと思います。



当時の僕も、きっと「ノモ・マニア」の一人だったのでしょう。



スポンサーサイト

2008.07.29 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) |

最近野球の話題が多くてすみません。
でも、ネタにしたい話が多いのでしょうがないです。 ヽ(´ー`)ノ


ということで、今日はこんな珍事件を。

【マイナー選手が観客に速球投げつけ逮捕 懲役8年も】
(Major.jp)

24日に行われたマイナーリーグ(1A)の試合で、乱闘が発生。

この際、選手の投げたボールが観客の顔面に直撃し、観客が負傷。
ぶつけた選手は暴行容疑で逮捕されてしまったそうです。


観客めがけてボールを投げたということは、
相当ひどい野次でも飛ばされたのかなー、 と思ったのですが。

この記事によると真相は

 フリオ・カスティーヨ投手が、相手ベンチめがけてボールを投げつけたところ、
 目標を大きく外してしまい、スタンドの観客の顔面を直撃


だったそうで…。

 コントロール悪すぎだろう!!

もっと練習しないといけませんね。


それ以前に、いくら乱闘とはいえ、プレー以外でボールを投げつけてはいけません。
お前はガルベスか。


●今日の一品●
知人の知人がゴスペルのことをガルベスと言っていたそうです。




2008.07.27 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) |

毎年この日は、外に行く仕事をなるべく入れないようにしています。

 そう、大リーグのオールスター!!


アメリカンリーグが10連勝(引き分け挟む)で迎えた今年の球宴。
1点を争う好ゲームのまま試合が進んでいきます。

7回にドリューの2ランでア・リーグが追いつけば、
8回にはナ・リーグがゴンザレスの犠飛で勝ち越し。

これでナが逃げ切るかと思いきや、
その裏にアはロンゴリアのタイムリーで同点に追いつき、そのまま延長へ。


延長に入ってもなかなか終わりません、終わらせません。

<10回表:ナ・リーグ>
 1死1、3塁も、アグラが二ゴロ併殺

<10回裏:ア・リーグ>
 無死満塁の大チャンスも、三者連続内野ゴロ

<11回裏:ア・リーグ>
 1死1、2塁でヤングの中前打で二走ナバーロが本塁を突くも、
 マクラウスの好返球でタッチアウト。
 続く2死2、3塁では、クエンティンが三ゴロ

<12回表:ナ・リーグ>
 1死満塁も、アグラ、ゴンザレスが連続三振

<12回裏:ア・リーグ>
 1死3塁も、ロンゴリア、キンスラー凡退

<13回裏:ア・リーグ>
 2死2塁も、クエンティン三振


最初のうちは「いい試合だな?」とのんびり構えていましたが、
午後に出かける準備もしなければいけなかったので、
さすがに13時を大きく越えたあたりから焦ってきた私。

「どっちが勝ってもいいから早く終わってくれ!」という心境になってきました。( ̄ー ̄;


そんな心はどこ吹く風、ヤンキースタジアムには
「14th inning stretch」が流れてきました。(笑)


結局、両軍ともに出場可能な選手を使い切った挙句、
延長15回、マイケル・ヤングの犠牲フライでア・リーグがサヨナラ勝ち。

現地時間では夜の1時も過ぎ、球場も、放送ブースも、そして僕も、
「やっと終わった…」という感じに包まれました。。。。


ところで、今年の試合前セレモニーでは
殿堂入り選手が勢ぞろいしていて、なかなか感動的でした。

まだ若いトニー・グウィンがかなり太っていたのには驚きましたが。(笑)



2008.07.16 | MLB | トラックバック(0) | コメント(2) |

今日は豆をかじったり、昼寝したり、洗濯したりというのんびりした1日でした。


さて、今日は大リーグの話題を。

開幕前は期待をかけられていたマリナーズ。
蓋を開けてみればまったくの期待外れで、早くもプレーオフが絶望的になってます。
あのレイズが首位を快走しているのに…。(笑)


ということで、チームとしても大幅な刷新人事を断行しています。

 ・ジェフ・ペンドランド打撃コーチを解任
 ・ビル・バベシGMを解任
 ・ジョン・マクラーレン監督を解任
 ・主砲のリッチー・セクソン一塁手を解雇

現場のトップである監督と、編成のトップであるGM、
同じシーズンに両方解任されるってのは、あまりあることではありません。


それにしても、セクソンはずっと噂があったけど、やっとという感じですね。
総額5,000万ドルの4年契約で

 05年  打率.263  39本塁打
 06年  打率.264  34本塁打
 07年  打率.205  21本塁打
 08年  打率.218  11本塁打

最初の2年はともかく、去年と今年は自分の身長(203cm)を越すのが精一杯。
チャンスで三振を繰り返してばかりで、
これでは給料分働いてないと言われても仕方ないでしょう。


しかし、それよりも冴えない印象だったのがバベシGM。
MAJOR.JPのコラムで、GMのこれまでの人事がまとめられていました。

【バベシ時代の終焉】
(MAJOR.JP)

カルロス・ギーエン、ランディ・ウィン、ラファエル・ソリアーノ、ヨルビト・トレアルバ、
アスドルバル・カブレラ、アダム・ジョーンズ、そしてジョージ・シェリル…。
放出した後で大活躍した選手は数知れず。

リッチー・セクソン、エイドリアン・ベルトレイ、ミゲル・バティスタ、
ジャロット・ワシュバーン、カルロス・シルバ、エリック・ビダード…。
大枚はたいて獲得しておいて、イマイチの選手も数知れず。

これだけ失策続きのGMが、ここまでよくクビにならなかったな、という気もします。


ともかく、改革が進んでチームが立て直されればいいですね。
(城島の立場も結構ビミョーですが)


2008.07.13 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) |

最近、僕の街も事件が多いです。
普段はのんびりした警察署も、だいぶ忙しそうですよ。


さて、メジャーリーグのオースターゲームがそろそろです。
ファン投票をしようと思っていたんだけど、すっかり忘れていて、
終了の3時間前に思い出し、急いで投票しました。


今年の投票は…

☆ナショナルリーグ☆

【捕手】 ブライアン・マキャン(ブレーブス)
【一塁】 ランス・バークマン(アストロズ)
【二塁】 ダン・アグラ(マーリンズ)
【三塁】 チッパー・ジョーンズ(ブレーブス)
【遊撃】 ハンリー・ラミレス(マーリンズ)
【外野】 ウィリー・タベラス(ロッキーズ)
【外野】 ホアン・ピレーレ(ドジャース)
【外野】 マイケル・ボーン(アストロズ)


☆アメリカンリーグ☆

【捕手】 ジョー・マウアー(ツインズ)
【一塁】 ジャスティン・モウノー(ツインズ)
【二塁】 イアン・キンズラー(レンジャーズ)
【三塁】 アレックス・ロドリゲス(ヤンキース)
【遊撃】 ジョニー・ペラルタ(インディアンズ)
【外野】 イチロー(マリナーズ)
【外野】 ジョッシュ・ハミルトン(レンジャーズ)
【外野】 B・J・アプトン(レイズ)
【指名】 オーブリー・ハフ(オリオールズ)


という投票でした。
相変わらず、「足が速い」か「パワーがある」という選手に偏ってます。

きっと、死に票が多いだろうなという感じですが。(笑)


ちなみに、去年と2年続けて投票しているのは
イチロー、モウノー、A?RODの3人のみでした。



2008.07.06 | MLB | トラックバック(0) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。