上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

実はこのブログ、今日の記事で

  通算 1000 記事

なのです!!


右側の「カテゴリ別」や「月別」を足してみると913本なのですが、
始めて3ヶ月めくらいのときに、それまでの記事を全消去したんですね。(笑)
本当は今日が1000本目なのです。


ということで。

900本目くらいのころから決めていたのですが、
1000本目のこの記事を持ちまして、このブログの更新は休止といたします!


「1000」という数字以外に特に理由はありませんが、まぁ、心機一転ということで。

約3年という長い道のり、
どなたがご覧になっているのかよくわかりませんが(笑)、皆様ありがとうございました。

では、またどこかでお会いしましょう。





スポンサーサイト

2008.08.01 | 雑記 | トラックバック(1) | コメント(7) |

いずれ書くことにはなるんだろうと思っていて、
それでいて先延ばしにしていたけど、今日がその日となりました。


【野茂投手が現役引退決意 米進出の先駆者、力衰え】
(Major.jp:共同通信社)

ヒジの手術以来2年間メジャー登板がなく、
今年はロイヤルズでメジャー復帰も、3試合で防御率18.69と精彩を欠き解雇。

速球が生命線だった野茂が140キロもままならないという状況では
もう厳しいかなと思っていましたが、やはり現役引退ということになったようです。



野茂はメジャーで12年(95年?05年、08年)プレーしたわけですが、
やはり一番印象に残る活躍をしたのは
第1次のドジャース時代(95年?98年途中)ではないでしょうか。
オールスター出場もあったし、コロラドでのノーヒッターもありましたし。


95年といえば、僕は大学進学で初めて故郷を離れた年。
そして、95年?98年といえば
大学やバイト先で、楽しい仲間たちとあーだこーだ言いながらやっていた時期。

なので、「野茂」という言葉を聞くと
当時のいろいろな記憶もフラッシュバックしてくるようで、
一種のノスタルジーを感じさせます。



当時は、BSでの生中継というと、野茂の登板日くらいのものでした。
(吉井の登板日もあったけど、野茂のときはほぼ毎回中継でした)

あの、西日が入ると40度にもなる暑い部屋で、

 際どいコースで四球を出すと「あれがボールか」と憤慨し、
 球数が増えると「今日は7回投げきれないで交代か」と心配し、
 ピアッツァが外寄りに構えると「また外角一辺倒か」と首を傾げ、
 ビル・ラッセルが出てくると「まだ代えるな」と心中祈り、

そうやって、一球一球、集中して見たものです。



あれから10年が経ち、日本人メジャー選手も本当に多くなりました。
テレビ中継も毎日のようにしています。

そして、僕も学生から社会人へと立場が変わり、
メジャーリーグへの付き合い方も、以前とは性質が変わってきました。


どちらが良い、どちらが悪いということではありません。

ただ、あの頃野茂の試合を見ていたときのような、
そういう観戦の仕方は、もうできないのだろうと思います。



当時の僕も、きっと「ノモ・マニア」の一人だったのでしょう。



2008.07.29 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日は用件10分、往復6時間の日帰り出張に行ってきました。


途中の道路。
トンネルを抜けると、そこには…

 邪悪な雲が広がっていました  ( ̄ー ̄;


もう、猛烈な雨が降るのは見え見えです。
ていうか、数キロ先の山は姿がぼんやりとしか見えません。
きっと、あそこではものすごい雨が降っているのでしょう。


雨だろうが何だろうが、とりあえず前に進まなければいけません。

走っていたら、来ました! 猛烈な雨!!!
見た目もすごければ、音もすごい。

雨がガラスに当たって視界も急に悪くなるし、
対向車が走ってくると雨水が跳ね上がって、一瞬視界ゼロになる始末。
危ないことこの上ありません。

それでも頑張って進んでいたら、
今度はどこかの川でも決壊したのか、国道が泥水で冠水していました…。
何だこれは。「走れメロス」か??


進んでいいのかどうかよくわからなかったけど、
前の車が走って行ったので、くっついて前進。

後ろの車はちょっと自重していたようでした。
それが正解かもしれませんね。


そんなこんなで悪戦苦闘しながら目的地に到着。
無事に10分の用事を済ませました。


行きのまだ天気の良いうちに、ガラスに蛾が当たってつぶれたんです。
「雨でも降れば落ちるかなー」と思いつつ拭いて取ったんだけど、
ありゃ放っておけばきっと勝手に落ちただろうなぁ。

でも、まさかあんな雨が降るとは思わなかったから、仕方ないか。(笑)



●今日の一品●
やんぬるかな!!




2008.07.28 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) |

最近野球の話題が多くてすみません。
でも、ネタにしたい話が多いのでしょうがないです。 ヽ(´ー`)ノ


ということで、今日はこんな珍事件を。

【マイナー選手が観客に速球投げつけ逮捕 懲役8年も】
(Major.jp)

24日に行われたマイナーリーグ(1A)の試合で、乱闘が発生。

この際、選手の投げたボールが観客の顔面に直撃し、観客が負傷。
ぶつけた選手は暴行容疑で逮捕されてしまったそうです。


観客めがけてボールを投げたということは、
相当ひどい野次でも飛ばされたのかなー、 と思ったのですが。

この記事によると真相は

 フリオ・カスティーヨ投手が、相手ベンチめがけてボールを投げつけたところ、
 目標を大きく外してしまい、スタンドの観客の顔面を直撃


だったそうで…。

 コントロール悪すぎだろう!!

もっと練習しないといけませんね。


それ以前に、いくら乱闘とはいえ、プレー以外でボールを投げつけてはいけません。
お前はガルベスか。


●今日の一品●
知人の知人がゴスペルのことをガルベスと言っていたそうです。




2008.07.27 | MLB | トラックバック(0) | コメント(0) |

仕事も一段落し、今はBSでロッテ?ソフトバンクを見ています。

先ほど、こんなプレーがありました。

 1死2塁で、打者はソフトバンクの辻。
 辻が打った痛烈な打球は、二塁塁審の佐藤を直撃!!
 ボールは大きく跳ね上がり、セカンド根元は取れずセンターへ。

 二塁走者の松田は悠々ホームイン。
 (「審判は石ころと同じって言うしね)

 かと思いきや…
 審判団が協議した結果、松田は二塁に戻され、
 1死1、2塁で試合再開。


当然、福岡ドームは怒号の嵐(笑)
解説の大島さんも、実況のアナも
「これはおかしいですね?。ちょっとわかりません」
という趣旨のコメントをしていました。


   が


ルール上、
「野手を通過していない打球が審判に当たった場合は、
打者走者は出塁するが、塁上の走者は押し出されて進む以上の進塁はダメ」
だったはず。。。

と思って、いま検索したらコラムを発見しました。

【「審判=石ころ」とは限らないと示した松井稼の打球】
(Major.jp)


ファンは素人だからともかく、
放送サイド(特に解説者)は知っておいた方がいいですよね。



<追記1>
 さっき、放送の中で正しいルールの解説がありました。
 良かった良かった。
 大島さん、「恥ずかしながら、知りませんでした!」。
 こういう率直なところが、僕は好きですね。


<追記2>
 いま、西岡の二塁盗塁で川崎がものすごい空タッチをしたところ、判定アウト!
 全然遠いところで空振りしてたのに、あんなひどい判定は久しぶりに見た。(笑)
 二塁塁審の佐藤、今日はダメな日だ。┐( ̄ヘ ̄)┌



●今日の一品●
初めて見たけど、意外と安い

2008.07.26 | NPB | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。